2泊目、3泊目は大津瀬田のホテルに連泊でした。
3日目は雨が降ったりやんだりでしたが、車を下りると雨が止んでくれ、あまり傘は差さずに済みました。
この日はいつか行きたいと思っていた比叡山延暦寺をメインに歴史的な名所を何か所か回りました。

(比叡山延暦寺)
到着するまでの道中は土砂降り&凄い霧でしたが、駐車場に着きましたら雨が止み、ラッキーでした。
延暦寺は標高848m比叡山全域を境内とし、平安時代初期に最澄により開かれた天台宗の総本山で、高野山金剛峰寺と並ぶ平安仏教の中心寺院。
比叡山の山内は「東塔(とうどう)」「西塔(さいとう)」「横川(よかわ)」と呼ばれる3つの区域に分かれていますが、今回は総本堂「根本中堂」(国宝)のある東塔のみ見学しました。
残念ながら根本中堂は修復中で全体像はわかりませんでしたが、威厳を感じさせる境内に感動しました。

(大講堂) 重要文化財
僧侶が学問修業をする道場で、堂内には比叡山で修行した各宗派の木像が安置されていました。
3O1A0201

(根本中堂) 国宝 2016年から10年かけて大改修中。
延暦寺の総本堂でたびたび災害に遭い復興するたびに大規模になったとのこと。現在の建物は1642年徳川家光により再建されたものとのこと。本尊の前には延暦寺創建以来1200年以上灯り続ける「不滅の法灯」が安置されていました。修復中の現場が見学できました。
修復が完了したらまた訪れたいです。
3O1A0205

3O1A0209

(文殊楼)
3O1A0214

(法華総持院)
3O1A0217


(三千院)
延暦寺見学の後は、県境を越えて京都府へ。
以前テレビで庭園の美しさが紹介され、行きたいと思っていた大原の三千院に行きました。
ここも天台宗のお寺です。
京都とは言っても市街地から離れた山中の隠れ里の大原にあり、あたりはのんびりした田舎の雰囲気でした。
苔むした庭園やわらべ地蔵を見たり、のんびり心穏やかに見学できました。
妻は可愛い地蔵をスマホで一生懸命撮影していました。

3O1A0221

3O1A0223

3O1A0227

3O1A0233

3O1A0236

3O1A0240

3O1A0242

3O1A0241

3O1A0245

(浮御堂)
ここもとても絵になる映えスポット!
「浮御堂」は正式名称を海門山満月寺といい、臨済宗大徳寺派の禅寺で、その創建は平安時代後期とされ、浮御堂の背後にそびえ立つ比叡山の僧、恵心僧都によって、湖上の安全と衆生済度を祈願して建立されたとされています。
以来1000年以上にわたり、「浮御堂」は湖上交通の要所であるこの地の安全を見守り続けてきたそうです。
3O1A0257

3O1A0250

(唐崎神社)
次女が好きなアニメの聖地とのことで立ち寄りました。
日吉大社の摂社で、近江八景のひとつ「唐崎の夜雨(からさきのやう)」で知られる景勝地。
琵琶湖に接していて、とても眺めの良い神社でした。
IMG_0298

IMG_0301
雨が降ったり止んだりでしたが、少し涼しく楽に回れました。